【目標管理】7つの習慣から生まれた一週間コンパスで人生の刃を研ぐべし

一週間コンパスの表紙

人生を賢く有意義に過ごすためには自己管理が不可欠。

しかし多くの人にとって、常に自らを律し、絶え間ない努力を続けることは
決して簡単なことではない。

叶えたい目標の達成は日々行動の積み重ねによって生まれるにも関わらず。

そんな、夢あれどつい流されてしまいがちな人に強くオススメしたいアイテムが
今回ご紹介する「一週間コンパス」である。

一週間コンパスは7つの習慣から生まれた

この「一週間コンパス」は、
故スティーブン・R・コヴィー博士が執筆した自己啓発書籍「7つの習慣」に書かれた
習慣を日々実践できるようにと生まれた手帳「フランクリン・プランナー」に含まれる
ツールだ。

「7つの習慣」の中で、第七の習慣「刃を研ぐ」ために用意された。

7つの習慣で非常に重要な指摘となる、
「目の前の『緊急だが重要ではないこと』に追われ、
『緊急ではないが重要なこと』をやり忘れることがないように」
あなたの意志に従った行動を手助けしてくれるツールである。

一週間コンパスコンパクトサイズ

一週間コンパスは常に携帯し日々意識を高めよう

一週間コンパスを使えば、自身の目標を達成するために必要なステップを
1週間毎に管理していくことが出来る。

まず自分自身の目標が明確になっていることが前提であるが、
それを達成するのに月単位で管理するのは緊張感が生まれにくいし
逆に1日単位で管理するのは厳しすぎる。

この「1週間」という単位が実に絶妙なのだ。

例えば、健康のために週に1回30分以上歩くとか、
家族仲を良く保つために今週中に実家に連絡するとか・・・
1週間単位で物事を考えるというケースは多いのではないか。

そういった1週間単位の小目標を、
この一週間コンパスに書き常に携帯することで実践し、
最終的に大きな目標を達成できるようにするのである。

一週間コンパスの具体的活用方法

それでは具体的な活用方法を紹介したい。

まず、一番上に記載されているのは
「肉体」「社会・情緒」「知性」「精神」の4項目。

自分自身を成長させることが豊かな人生を送る鍵だ。

この4項目は外せない柱として目標を記入しつつ、
それ以外に自分が必要だと思う項目を記載していく。

おそらくは、仕事・家庭・マネー・友人といったジャンルで
その週に達成すべき目標を記入していくことになるはずだ。

一週間コンパスの記入例

ここで注意してほしいのが、役割名だ。

例えば、「仕事」に関する目標の場合、
役割名には「営業部長」や「営業マン」「経理」など、
会社の中での役割を記載する。

あるいは「家庭」に関する目標であれば
「(自分の子供にとっての)父」や「(自分の妻に対して)夫」など
自らの立場を踏まえた役割を記載することで
目標への意味付けが強まり、ふさわしい行動を取ることが出来る。

一週間コンパスで豊かな生活を実現しよう!

この一週間コンパスを毎週しっかりと更新し、
手帳に挟むなど、常に意識するようにすることで
自然と目標達成率は高まっていくことだろう。

「7つの習慣」を読んだ上で活用することがオススメだが、
まずはこれ単体で生活改善に役立てるというのもアリだ。

人生を有意義に過ごしたいと願う全てのパーソンにオススメしたいアイテムである。


コンパクトサイズ 一週間コンパス システム手帳リフィル 52925
新品価格¥432から(2014/5/18 00:05時点)


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Web制作の提案書に便利!指差しクリックアイコンを差し上げます

パソコンで確定申告すれば並ぶ必要なし、夜中でも出来て超簡単!

2014新年 今年こそ達成できる正しい目標の立て方~逆算型アプローチが成功の鍵!

JR湘南新宿ラインのグリーン車で移動しながら快適に仕事する方法

Try WiMAXでルーターを無料レンタルし、納得の上でインターネット回線固定費...

【還元率最大3%】ヤフオク!で高く売る・安く落札する方法(バリュポを使えばだれで...