Googleドライブで安全に動画をWeb公開、YouTubeに頼らない無料掲載方法

誰でも手軽に動画が撮れる時代

デジタル化の流れは止まらない・・・
手軽に動画を撮れるし見れるスマートフォンの普及などで、
Webサイトに動画を掲載したいというケースが増えていることと思う。

実際、Web制作会社で多くの法人顧客を抱えている私の元には
最近動画を活用したWebサイト制作の話がよく来るようになった。

しかしそこで厄介になってくるのが動画の公開方法だ。

動画はファイルサイズが大きく、そのまま普通のサーバーにアップして
リンクを貼るだけではユーザーにとって重たいし見づらいことになってしまう。

かといって、動画専用のストリーミングサーバーを自前で立てたりレンタルするのは
かなりの高コストになってしまうので避けたいケースが多いことだろう。

そこで今回は、企業でも個人でも動画をWeb公開する場合に問題となる
大切な動画を安全に、そして公開者・閲覧者ともに便利な形で
掲載する方法についてお伝えしたいと思う。

YouTubeにアップして共有して埋め込み

まず一番手軽なのは人気の動画共有サイトYouTubeに動画をアップして
共有するという方法だろう。

YouTubeで公開するメリットは、費用がかからずに
PC・タブレット・スマートフォンといった各デバイスに最適化された状態で
ストリーミング公開できるというのが大きい。

また、YouTubeにアップロードする際に、動画を共有するように設定しておけば
YouTube内から関連動画などを辿ってトラフィックを稼ぐことも可能。

とにかく動画がどんどん広まって欲しい、セキュリティにはこだわらない、
という場合は、何の迷いもなくYouTube経由の公開で良いだろう。

参考までに、私が撮影した江ノ電の発車する様子の動画を
YouTubeにアップしてWEBサイトに掲載した場合の見え方はコチラ
↓ ↓ ↓

Googleドライブを使えば共有ボタンなしで埋め込みできる

さて、実は最近多い相談が、YouTubeサーバーを使って無料で公開できるのはありがたいが
あくまで自分たちのWebサイトだけで公開したい
(勝手に共有されて誰だかわからない一般人のブログなどに公開されてしまうのが嫌だ)
という悩みである。

というのもYouTube経由で公開する場合、(PC閲覧の際)右上に共有ボタンが出現するため
誰かが転載しようと思えば簡単に転載できてしまう問題があるのだ。

YouTubeの共有ボタン

そこで、これが困るという方に私がオススメしているのが
Googleドライブを使って動画を公開する方法だ。

以下がそのGoogleドライブを使って、同じ動画をアップしたものなのだが、
YouTubeの時に右上にあった共有ボタンがないことをお分かりいただけるだろうか。
↓ ↓ ↓

それなのにYouTubeの時とあまり見た目も変わらず、画質選択や全画面表示機能を保ち、
なにより再生品質がほとんど変わらないことを実感していただければと思う。

もちろん実際にはYouTube同様にiframeタグを使って、ページに埋め込む形になるため
HTMLに詳しい人が見れば一目瞭然、簡単に他のサイトに転用できてしまう。

しかし、世の中でHTMLが分かる人口というのは相当少ないし、HTMLソースを表示して
それをコピーしてまで転載しようとする人はさらに少ないだろうから、
安易に転載される可能性をかなり低くすることが出来る。

(これ以上セキュリティを厳しくしたいとなれば、有料となるのを覚悟していただきたい。
無料の範囲で、ここまで出来ればかなり十分、既にGoogleさんに大感謝したい状況だ。)

Googleドライブを使った動画公開方法

それでは、実際にGoogleドライブを使って動画を公開する方法について紹介したい。

事前に必要なのはGoogleアカウントと掲載したい動画ファイルのみ、
YouTubeと違って手ぶれ補正機能などは現時点で搭載されていないので
編集済みのものを用意するようにしたい。

google drive

まずはGoogleドライブへアクセス。

アップロードボタンから掲載したい動画ファイルを選択し、アップロードする。
2013年5月6日現在、Googleアカウントあたり2GBまで無料で動画をアップできる
(1ファイルの容量は1GBまで)ので、複数本アップもまず問題ないだろう。
(圧縮機能はないので、必要であれば事前に自分で圧縮しておく必要がある)

動画のファイル形式は以下に対応。一般的なものはまず大丈夫だ。

・WebM ファイル(Vp8 動画コーデック、Vorbis オーディオ コーデック)
・.MPEG4、3GPP、MOV ファイル(h264 動画コーデック、mpeg4 動画コーデック、AAC オーディオ コーデック)
・.AVI(MJPEG 動画コーデック、PCM オーディオ コーデック)
・.MPEGPS(MPEG2 動画コーデック、MP2 オーディオ コーデック)
・.WMV
・.FLV(Adobe – FLV1 動画コーデック、MP3 オーディオ コーデック)

動画のアップロード

アップが完了したら、まずは共有範囲を設定する。

YouTubeにアップするのを嫌がって、Googleドライブを使うくらいだから、
Web上のどこからでも見ることが出来るような状態はマズイだろう。

共有設定を行う

ファイル名の横のチェックボックスをチェックした状態で
「その他 > 共有 > 共有」を選択

出て来た共有設定画面の「アクセスできるユーザー」が
「リンクを知っている全員が閲覧できます。」と「オーナー」になっているかを
チェック。

そうでなければ「変更」という文字をクリックして、
「リンクを知っている全員」にチェックを入れるようにする。

リンクを知っている全員に変更

そこで「リンクを知っている全員」に設定。

さらに、このままでは閲覧者が動画ファイルをダウンロードできてしまうので、
再び「その他」から「閲覧者にダウンロードを許可しない」をクリックしよう。

閲覧者にダウンロードを許可しない

設定が完了したら、再度「その他」から「開く > Googleドライブビューア」

画面が開いたら「ファイル > この動画を埋め込み」で、出て来たHTMLタグを
掲載ページに貼付ければ完了だ。

この動画を埋め込み

以上でYouTubeより安全に動画を公開することが出来る

というわけで、以上Googleドライブを使った動画公開方法について紹介した。

ちょっと手間なように思うかもしれないが、この方法を使えば無料で
YouTubeよりは安全に動画を公開することが出来るので、
必要としている方は是非試してみていただければと思う。

他にも読者の方で無料かつ安全な動画掲載方法があれば
是非私にもご教示いただければ幸いだ。

 この記事へのコメント

  1. vige より:

    ”Googleドライブで安全に動画をWeb公開、YouTubeに頼らない無料掲載方法”
    を読みました、わかりやすい記事ありがとうございます。
    ですがGoogleドライブの仕様が変わり、
    記事の書かれている方法では動画の埋め込みはできなくなりました。
    もし、気が向きましたら最新の方法を教えてほしいな。と思いコメントいたしました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ブクマ必至】プロが教えるWEB用写真素材オススメサイト(無料もあります!)

MODx(モドエックス)というCMSには手を出さない方が良い!

既存PC向けWebサイトをスマホ対応させるための4つの手法

Web制作会社必見!安くて質の高い翻訳会社オススメリスト

WEB制作会社がLancersを使って外注費を抑える方法

無料で簡単!ムームードメイン内で別ユーザーにドメイン譲渡する方法