Try WiMAXでルーターを無料レンタルし、納得の上でインターネット回線固定費を削減しよう!

UQ WiMAXから届いた機器セット

アベノミクスで景気回復と言われても、庶民の家計は相変わらずギリギリ。

ついつい膨れ上がってしまう家計の固定費を、
不自由ない範囲でうまく削減したいと考えている人は多いだろう。

そんな中、もし読者の皆様が、私のようにインターネット回線費を
もっと下げたいと思ったのであればWiMAXを検討されることをオススメしたい。

月額3,880円?というリーズナブルな価格ながら、
持ち運び可能な機種を選ぶことで、家でも外でも使えるというのは
なかなか魅力的なプランだと思う。

(DoCoMoやSoftbank,au,EMOBILEなどもデータ通信端末を出しているが、
契約上、データ量制限が発生し、日頃からよくネットする人には不向きだ。)

しかしそうはいっても、WiMAXってよく聞くけど、
通信スピードがどうなのか、とか、自宅で問題なく使えるかが不安で
二の足を踏んでいる人も多いのではないかと思う。

そんな悩める人向けに簡単にWiMAX導入を試せるTry WiMAXというサービスがある。

実際に私も利用し、納得の上でインターネット回線乗り換えに踏み切れたので
是非皆様にも参考にしていただきたく、その体験レポートをまとめてみた。

WiMAXを自宅据え置きで使うのもアリなんです!

多くの人にとって、WiMAXといえばモバイル通信のイメージが強いことだろう。

そのため自宅固定の代わりに使うという考え方を思いつかない方は多いようだ。

しかし実際には自宅用ルーター機種も用意されているなど、
自宅据え置きで使うユーザーは意外に多いし、有用な方法なのである。

とはいえ、私のように既存回線からの乗り換えとなれば
今より通信スピードが遅くなってしまったり、あるいは屋内のために
電波が届かなかったら契約したことを後悔さえしてしまうことだろう。

そこでオススメしたいのがUQ WiMAXが提供している
Try WiMAXレンタルサービスである。

Try WiMAXレンタルサービスなら無料でWiMAXを試すことが可能!

WEBから住所氏名など必要事項を記入し、未返却になった場合の保証として
念のためクレジットカード情報を入力して送信。

すると、わずか2?3日後にはWiMAXのレンタル機が自宅に送られてくる。

送られて来たレンタル機

私の場合は、自宅据え置きで使う場合の通信速度などを確かめたかったために
株式会社シンセイ・コーポレーションの「URoad-Home」という機種を選んでみたが
持ち運びやすい機種も選択が可能だ。

このサービスはあくまで期間限定の無料レンタルであることに注意!
届いたら約2週間(発送日から15日以内)で返却しなければならない。

届いたらWiMAXのスピードテストを行おう

無事に商品が届いたら早速電源を入れて接続をテストしてみる。

そもそも電波が届くか、そして届いている場合は通信スピードが
自身が満足できるスピードかどうかの確認だ。

WiMAXは営業文句として下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsを謳っているが
これは理論値であることに注意しなければならない。

あくまでモバイル通信であるから、携帯電話の電波と同様。

場所によってスピードが大きく前後することに注意しなければいけない。

つまり売り文句に釣られて契約したが、自宅で使ってみたら全然スピードが遅い
というのは大いに考えられるケースなのである。

(皆様はそうならないように、このTry WiMAXで事前テストを行っていただきたい)

スピードテストは、WiMAXでネットにつないで、
まずはいつも見るサイトを訪れ、感覚的に問題ないか確かめて欲しい。

できればYouTubeなどの動画サイトで動画の再生などをしてみると
わかりやすいと思う。

この読み込み速度が既存回線に比べ問題がないか確かめる。

(早いように感じるなら良いことだし、
遅くなっているように感じるなら我慢できる範囲かどうかを確かめたい)

数字でわかるスピードテストサイトも活用したい

さらに、感覚ではなくしっかりと数字で確かめたいという場合には、
次のようなスピードテストサイトでチェックしてみると良い。

BNRスピードテストサイト

スピードテスト結果例
↑↑WiMAXで計測したものではありません(E-Mobile3.5G通信端末のもの)

実際に私が東京山手線内にある自宅で計測した結果は
下り速度で既存回線の約16Mbpsに対し、WiMAXは約12Mbpsと少し遅い。

というわけで、私の場合は少々遅くなってしまうということがわかったわけだが、
普段見るサイトをいくつか接続した中で特別ストレスを感じることがなかったので
今より費用を安くできるからWiMAXで良いか、という結論に至った。

納得できたらWiMAXに乗り換えインターネット回線費を削減

上記テストが終わったら、返却期限に遅れないよう端末を返却しよう。

届いた梱包物の中に、ゆうパック着払いの伝票が入っているので、
それを使って返却すれば手間いらずだ。
(届いた梱包段ボールを使うのが楽なので、段ボールは捨てないようにしたい。)

そして結果に納得がいくようであれば、あとは本申し込みをするのみ。
WiMAXでお手軽インターネット生活を楽しんでいただければと思う。

尚、既存回線をお持ちの方は、そちらの解約もお忘れなく!

ちなみに、今回ご紹介したUQ WiMAXは月額3,880円?という料金だが、
もっと月額を抑えたいという場合には月額2,856円(税抜)で使えるBroadWiMAXという
サービスもある。

↓ ↓ ↓ ↓


(価格は2014年2月15日記事修正現在)

サービス名称が違うが、もともとはUQ WiMAXのサービスなので、
対応エリアや通信速度、使える端末など全て一緒なので安心してほしい。

ただ注意してほしいのは初期費用として19,800円が別途発生する。

長く使う分にはお得だが、すぐ解約することになると余計な出費になるので
そこは注意をしてほしい。(2年使う場合はお得!)

以上を踏まえて、問題のなかった方は是非インターネット回線をWiMAXに切り替え、
家計固定費の削減をすることをオススメしたい。
速度制限ナシ!あなたを止めない、ただひとつの高速モバイルインターネットWiMAX

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【目標管理】7つの習慣から生まれた一週間コンパスで人生の刃を研ぐべし

JR湘南新宿ラインのグリーン車で移動しながら快適に仕事する方法

つくばエクスプレスの車内無線LANでつくばの入札案件を快適に受託!

パソコンで確定申告すれば並ぶ必要なし、夜中でも出来て超簡単!

Web制作の提案書に便利!指差しクリックアイコンを差し上げます

サラリーマンこそ確定申告すべき理由