【レビュー】TOSHIBAのFlashAirで写真を共有/デジカメをバージョンアップさせる使い方

これが噂のFlashAirだ

2013年も年の瀬。今年も様々なガジェットを購入してきた私だが、
スタイルを激変させるような驚きと感動を与えてくれた商品はそう多くない。

中でも、その値段の割に満足度が高かった商品が
TOSHIBA(東芝)の「Flash Air」というSDカードである。

手持ちのデジタルカメラに入れて使うだけで、
ワンランク上のをカメラにバージョンアップしたかのような
新機能を手に入れることができるからだ。

そこで今回は、その画期的商品の何がすごいかをレビューしてみようと思う。

SDカードに無線LAN機能を搭載させた!

FlashAirをデジカメにインサートする

この「Flash Air」はあくまでSDカードだ。

しかし、当然ながらこれが単なるSDカードであれば、
わざわざこうやってブログで紹介するわけがない。

実はこれ、無線LAN機能を搭載しているがゆえに
デジタルカメラに入れて使うことで、
まったく新しく、そして便利で有用な機能を得ることができる商品なのだ。

そして、その機能とはズバリ!
撮った写真データを無線LAN経由でスマホやタブレット・PCに送信できる。

一般的に、デジカメで撮った写真は、SDカードからPCに取り込むケースが多く、
スマホやタブレットへは直接データを取り込むことが難しかったので、
撮った写真を簡単にスマホやタブレットに送れるというのはかなり有り難いのである。

スマートフォンのカメラ機能じゃ物足りない人へ

iPhoneとFlashAirを繋いでみた

スマートフォンが普及して、いろいろなことが出来るようになった現在、
写真をスマートフォンで楽しみたいというニーズは非常に多いことだろう。

例えば、写真をスマホに入れておけばいつでもフォトアルバム代わりになるし、
豊富な写真加工アプリでヴィンテージ風にして遊んでみたり、
写真をパッとFacebookやInstagramにアップするなんてこともあれば、
LINEやメールで友達に送ったりという楽しみ方もある。

だからこそ、デジカメで撮った綺麗な写真を
パッとスマホに移せるというのはこれほど便利なことはないわけである。

もちろん今どきのスマートフォンには、そこそこの高解像な写真が撮れる
カメラがついている。

だから、スマホで写真を見たり、LINEで写真を友達に送りたい人などは、
そもそもスマホで写真を撮ればよいじゃないか、
という意見があることは理解できる。

しかし、スマホはあくまでメインは電話とかインターネットの方であるから、
搭載されているレンズなどのスペックには限界があり、
暗いところでの写真や、ボケを使った綺麗な写真などは
なかなか撮影が難しいのが現状だ。

そうした意味で、写真を撮るのが好きな人にとっては
スマートフォンのカメラ機能では物足りず、
専用のデジタルカメラ・デジタル一眼レフなどがはずせない。

だからこそ、このFlashAirの存在価値があるのである。

FlashAirならこんな使い方が出来る!

これ一つでデジカメが変わる

では実際に、FlashAirを使ってみて、特によかったと思った
使い方を紹介しよう。

例えば、飲み会やパーティーなどでみんなの集合写真を撮るときが
あると思うのだが、この時に全員がスマートフォンやデジカメを取り出して、
「撮ってください」なんて頼むのは迷惑千万。
(特に人数が多ければ多い時ほど・・・)

普通は誰かの代表カメラを渡し、それで撮ってもらうというのが筋だろう。

でもこれまでだと、その写真をみんなで共有するのが少々面倒で
結局共有されなかった・・・なんていうケースも多いのではないだろうか。

それをこのFlashAirなら見事に解決してくれる。

代表カメラにFlashAirを入れて撮影してもらえば、
撮影後にみんなで無線LAN経由でデータを勝手にダウンロードすれば良いのだ。

あるいはFlashAirの所持者が撮影データをスマホに落とし、
参加者のLINEグループに投稿すれば一気に共有が出来る。
(その場で送ってしまえば後日にして忘れてしまうこともないし、
みんなとしても感動が冷めないうちに写真をもらえるのでとても嬉しい)

便利なのだ。

FlashAirはこんな人にオススメ!

無線LANで共有しているイメージ写真

そもそもデジカメを持っていない、とかあまり使わない方には
興味のない商品かとは思うが、
デジカメをよく使う方で、次にSDカードを買うときは、
ちょっとだけ高くてもこちらのFlashAirを買うことを是が非でもオススメしたい。

もっとも、今最新のデジカメや一眼レフだと、
カメラ自体に無線LANが搭載されていて、
そこからスマホに写真送信できる機種などもあるようなので、
最近カメラを買ったばかりの人は、その機能の有無をチェックしてからにしたい。

逆に1年以上前のカメラを使っている方は、まずその機能がないので
このFlashAirを使うことで、最新のカメラの機能を得ることができ、
ある意味バージョンアップを果たしたような感じになる。

正直この1~2年くらいであれば、デジカメの写真画質は
ほとんど向上していないので
もし無線LAN機能を目的に新しいカメラを買おうか考えている方がいれば
このカードにするだけで十分な可能性がある。

ぜひチェックしてみていただければ幸いだ。


東芝 無線LAN搭載 Flash Air Wi-Fi SDHCカード 8GB Class10 SD-R008GR7AL01 4904550894378
新品価格¥2,840から(2014/5/18 17:51時点)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

江上治の年収1億円手帳2014(RICH DIARY)は規格外のぶっ飛び仕様!購...

MacBook Airで目が疲れる時の対処方法

SONY VAIO Pro 13評価レビュー~軽くて薄い、そしてカッコいい

自動掃除機ルンバの購入にお迷いなら、事前に短期レンタルして使い心地を確かめる方法...

iPad miniで目が疲れる時の対処方法

Canon EOS M3はここまで進化した!速攻購入レビュー