虎ノ門ヒルズでトラのもんとランチ&カフェ?!おすすめスポット

Hello, Mirai Tokyo!〜未来の東京はここからはじまる。

6月11日にオープンしたばかりの新商業ビル「虎ノ門ヒルズ」。

ドラえもんをモチーフにした公式キャラクター「トラのもん」でも
話題の新スポットだ。

しかしこの虎ノ門ヒルズ、
グローバル・ビジネス拠点というテーマだからか、
ブティックやスイーツ系のお店は入っておらず、
同じ森ビルの六本木ヒルズや表参道ヒルズとは趣が違う。

どちらかといえば赤坂のアークヒルズに近い感じだろうか。

ホテル(アンダーズ東京)・スパ(AO SPA AND CLUB)・レジデンス・
オフィステナント(アサツー ディ・ケイなどが入居)が中心で、
下階層に飲食店舗がいくつか入っているという形だ。

というわけで、ミーハーな私は早速ランチがてら見学に行ってきたので
その様子をレポートしたいと思う。

虎ノ門ヒルズは5駅が徒歩圏内の都心の真ん中に位置するグローバルビジネス拠点だ

虎ノ門ヒルズ外観

地下鉄銀座線の虎ノ門駅、1番出口から降りて徒歩約5分、
目の前に見えてくる高いタワーを擁するのが虎ノ門ヒルズだ。

六本木ヒルズのように駅直結ではないのが残念だが、
虎ノ門駅以外にも、神谷町駅、霞ヶ関駅、内幸町駅、新橋駅からも
徒歩圏内という恵まれた立地。

そんな都心の真ん中に位置するにもかかわらず、広大な敷地を有し、
緑豊かな外庭(オーバル広場)を持つ開放感のある施設である。

そしてその施設内中央に座するのが全52階建ての巨塔、森タワー。

このタワーの中、1〜4階部分に、様々な業態の飲食店や
カフェなどが入っていて、ランチを楽しむことが出来るのだ。

(51階・52階のアンダーズ東京内にも飲食施設はあるが、
かなりの高級店でカジュアルな感じではないため、
今回は紹介を省略する)

12時台は激混み!虎ノ門ヒルズのランチ事情

アバーヴ グリル&バー

様々な飲食施設が入っている虎ノ門ヒルズだが、
そのどれもがオープン的で開放感に満ちている。

オーバル広場に面した虎ノ門ヒルズカフェはもちろんのこと、
その他のお店も広々とした通路、あるいはガラス張りの窓際に面し、
建物内にもかかわらずオープンテラスで食べているような
気持ちの良さを感じさせてくれる。

私が行った際は、オープン間もないこともあってか、
お昼どきはどの店も満員御礼で行列ができていた。

おそらく虎ノ門ヒルズに勤めているオフィスワーカー以外に
近所の会社から来た人たちや、私のようなミーハー観光客が
同時に押し寄せてしまった結果だろう。

ただ、私が行った時は、本当にまだオープン間もなく、
今後入居予定の会社の大半が未入居の状況だった。

それでもこんなに混んでいるわけだから、
ミーハー観光客が今後減ったとしても、
やはりお昼時はどの店も混む状況というのは変わらないだろう。

12時〜13時がピークなので、混雑を避けたい場合は
12時少し前に行くか、13時台を狙うのが良いと思う。

本日のランチはスペインバル「ジローナ」で決定!

スペインバル「ジローナ」

寿司、うどん、焼き肉、串焼きからデリ・カフェ、中華、フレンチ、
イタリアンなど和洋折衷、様々な業態が並ぶ中、
私は美味しそうなパエリアの写真に惹かれ、
当日のランチはスペインバル「ジローナ」を目指した。

4階の奥の方にあり、他の店舗と比ると少し小じんまりとした店。

しかし行ってみると、
残念ながらランチはパエリアを提供していないとのこと!

主に880円の「本日のランチ数種」から選ぶ形だそう。

私はミートソーススパゲッティ&生ハムサラダのセット、
連れはハンバーグのセット(ハンバーグだけ1000円)を注文した。
(いずれもバゲット付き)

盛り付けはキレイな生ハムサラダ

盛り付けはオシャレで味も悪くないが、あくまで880円値段相当、
残念ながら感動するようなレベルではない。

多少値段が高くてもパエリアを食べたかったなぁと思いつつ、
この混雑には対応しきれないであろうお店の事情も
わからないでもない。

ただ、次回は別の店にチャレンジしてみたいと思う感じであった。

広場沿いのオープンテラスが素敵な虎ノ門ヒルズカフェ

虎ノ門ヒルズカフェ

ジローナで腹ごしらえをしたあとは、食後のコーヒーということで
次に向かったのは施設名を冠にまとったデリスタイルのカフェ
「虎ノ門ヒルズカフェ」へ。

先に述べたとおり、広場に面したオープンテラスを有した
特に開放感の強いお店である。

プロデュースしているのはパンケーキで有名なbillsや
外苑前などにあるカフェSignなど様々なカフェレストランで実績高い
トランジットジェネラルオフィス。

すでに食事は済ませた後だったので、ドリンクのみの注文だったが、
1000円のデリランチも美味しそうな感じ。

お一人様でも入りやすい雰囲気だ。

専用マグカップに入れられたカフェラテ

オーバル広場を眺めながら、午後の陽気を感じつつ
ゆったりとした気持ちで飲むカフェラテは最高に美味い!

ヒルズ内には他にも「虎ノ門コーヒー」や
3階の「スタンダードコーヒー」などコーヒースタンドはあるが、
オープンエアーを感じられるのはこちらのお店のみ。

天気が良い日は是非こちらを利用されることをおすすめしたい。

虎ノ門ヒルズカフェのオープンテラス

厳選された飲食店舗ばかりだが、意外とお財布にやさしい価格帯なのが良い!

書籍も取り扱うファミマ

というわけで私が今回ランチを楽しんだのは
スペインバル「ジローナ」と「虎ノ門ヒルズカフェ」の2店。

ほかも見てみたかったが、お腹の容量があるので次回におあずけ。

私の感想だが、ランチに関しては、オシャレな商業施設の割に、
どこも価格帯が控えめというのが良いと思った。

オフィスワーカーにとっては、日常的に利用するものであるから
1000円を超えるような価格帯では
正直しんどいというのが素直なところだ。

丸の内や銀座のような場所では平気で1000円超えするので、
それに比べるとお財布に優しいのが嬉しい。

しかも虎ノ門ヒルズに入っている飲食店舗は、
そのどれもが一定のクオリティが担保された選ばれし店ばかり。

虎ノ門ヒルズで働く方はもちろん、
虎ノ門界隈にお出かけの際は是非色々なお店を
試してみていただければと思う。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

永松茂久「斎藤一人の人を動かす」あらすじと感想

amazonで大人気!Panasonicの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A55P...

意外と知らないパスポート更新の仕方(必要書類、場所、費用など)

花粉症のアレルギー鼻炎薬ならアレグラFXで決まり!購入方法や感想など

健康効果抜群「たんぽぽコーヒー」の美味しい作り方をご紹介!これで味も大満足!

村上春樹の新作短編小説集「女のいない男たち」あらすじと感想