サラリーマンこそ確定申告すべき理由

確定申告はネットで簡単

今年も確定申告の季節がやって来た。

毎年毎年面倒な処理ではあるが、申告が必要な方は申告する義務があるし
何らか控除可能な方にとってはお金が戻るチャンスだ。

ところが周りを見てみると義務上仕方なくか
税金を余計に支払わなければいけない人ばかり申告していて、
何故かお金が戻るチャンスのある人に限って申告していないように思う。

確かに面倒に思うのはわかるが、たいていの方は
自分が思った以上にお金が戻ってくることを理解していないようだ。

控除対象にある方、あるかどうかわからない方、
ちょっとでもいいからお金が戻ってこないかと思っている方は
ぜひ一度重い腰を上げて確定申告してみることをオススメしたい。

サラリーマンこそ確定申告すべきだ

このブログを読んでいる方はサラリーマンが多いかと思う。

となれば、副業でもしていない限り
会社が年末調整してくれるからそれで良いと思っている方が
多いのではないか。

しかし昨年は自分や家族が医療費かかっていたなと思う人や、
寄付をしている方は控除でお金が戻ってくる可能性が高い。

医療費控除は家族分を合算できる

医療費控除は年間10万円以上医療費を支払った方が申請すると
一定の割合で所得控除され、過払いした税金が戻ってくる。

※注…この記事では正確な概要は国税庁のサイトをご確認願いたい。

ただ、「年間10万円以上の医療費」は一般的水準より多く、
なかなか金額を超えているという方は少ないのではないか。

しかし通常の疾患とは別に、出産や介護費用なども控除対象になる他、
自己と生計を一にする配偶者その他の親族のために医療費を支払った場合も、
所得控除を受けることができるのだ。

つまり家族分を合わせれば10万円を超えるという場合は控除対象になるのである。

これなら控除を受けられるという方も出てくるのではないだろうか。

寄付金控除は見逃せない控除額!

一昨年は大震災があった。
一年経ったので昨年も義援金や復興支援金の寄付をした人は少ないかもしれないが、
もし寄付していたのであれば確定申告した方が良いだろう。

例えば3万円の義援金を寄付した場合、最低でも1.1万円、多ければ2.8万円もの
税金が戻ってくる可能性があるのだ。

これはなかなかの控除額ではないだろうか。

もちろんこれは寄付金全般に関することなので
通常の認定NPO法人への寄付やふるさと寄付金なども当然その対象になる。

それなりに寄付したという方は是非申告した方が良いだろう。

ただし、寄付は2,000円以上していることが条件で、
領収書が必要なため街頭募金は含まれないことに注意が必要である。

さあ確定申告に挑戦しよう!

それにしても確定申告は奥が深い。

本日紹介した他にも住宅ローンなど控除の種類があったり、
副業している場合の申告方法(白色申告・青色申告)など、
ぱっと見ただけでは絶対に理解できないような数の知識が必要だ。

しかしせっかく知識があっても面倒くさがって申告しなければ意味がない。

是非一度家計を見直し、確定申告できるかどうか考えてみることを
オススメしたい。

パソコンでやれば、自動計算で楽チン
平成24年分 確定申告書等作成コーナー はコチラ

 この記事へのコメント

  1. […] 先日、「サラリーマンこそ確定申告すべき理由」という記事を書いた。 […]

  2. […] 先日、「サラリーマンこそ確定申告すべき理由」という記事を書いた。 […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JR湘南新宿ラインのグリーン車で移動しながら快適に仕事する方法

Try WiMAXでルーターを無料レンタルし、納得の上でインターネット回線固定費...

パソコンで確定申告すれば並ぶ必要なし、夜中でも出来て超簡単!

2013 今年こそ達成できる目標の立て方?最重要3項目

つくばエクスプレスの車内無線LANでつくばの入札案件を快適に受託!

やよいの白色申告オンラインで帳簿記帳義務もソフトにおまかせ!