Canon EOS M×SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMなら安くて軽いのにフルサイズ一眼レフに負けない描写力が得られる!

sigma01

ご存知の通り、最近のスマホはスゴイ。

いわゆるコンパクトデジカメに負けないような
綺麗な写真が撮れてしまう。

わざわざカメラを買って
しかも別に持ち歩くなんて、そんな面倒は必要ない・・・
そんな風に思ってしまう方も多いのではないだろうか。

しかし、これが一眼レフカメラになると
話が変わってくるかと思う。

スマホでは撮れない
綺麗なボケと明るくクッキリ隅々まで写し取る力は
豊かな思い出を美しく残すために
わざわざ別に用意する価値のあるプロダクトだと思う。

だが、残念なことに、
えてして良い一眼レフカメラほど値段が高く、
また重たく持ち運びにくいのだ。

ある程度はトレードオフで仕方がないにしても、
最良の結果(素晴らしい写真が撮れる)は得つつ
お値段安めで、そして軽めのカメラ&レンズが欲しいと言うのは
必然的な要望だろう。

そこで今回は、私がいろいろ探し回って見つけた
最強の組み合わせであるカメラ&レンズをご紹介したい。

この組み合わせなら絶妙のコスパと軽さが得られる。

もちろん、コンパクトデジタルカメラに比べれば
重たいし、値段も高いので、
あくまで一眼クオリティの中で、という条件で
ご理解いただければと思う。

コンパクトカメラよりは重いが、一眼レフとしては軽い

sigma02

もったいぶらずに種明かししてしまうと、
その組み合わせはCanonのミラーレス一眼レフカメラである
「Canon EOS M」シリーズと、サードパーティーレンズメーカー
SIGMAの「18-35mm F1.8 DC HSM」というレンズ。

ようは、軽くて安いのに良い写真が撮れると評判の
Canonミラーレス「EOS M」と、F1.8という明るいレンズの組み合わせで
フルサイズ一眼レフに劣らない描写を実現するという話だ。

カメラは一眼レフとしては一番下のランクであるから、
ようはレンズの実力が物凄いという理解で良いかと思う。

その脅威の撮影画質は後述する。

まずは、写真を見ていただければお分かりの通り、
カメラ本体よりレンズの方が大きいという
この大胆な組み合わせによる外観を説明したい。

なにせ一眼レフとしては圧倒的に小さいミラーレスカメラと、
レンズは、一般的な望遠レンズと比べてもかなり大きいレンズだ。

実際に構えた時も、レンズに重心を置いて撮影する方が自然。

注意すべきは、EOS Mのレンズマウントがミラーレス専用規格なので、
このSIGMAレンズを装着するためには
マウントアダプターが必要となるということだろうか。

肝心の重さはEOS M3が366g(EOS MやM2ならもうちょっと軽い)、
マウントアダプター EF-EOS Mが約110g、
そしてSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMが810gなので
合計1,286g。

軽めのノートパソコンくらいの重さなので、
そこそこの重量には感じるかもしれない。

しかし、例えばCanonのフルサイズデジタル一眼レフカメラである
EOS 5D Mark IIIが約950g(CIPAガイドラインによる)あることを
考えれば、次にお見せするような質の高い写真が撮れるカメラとしては
これでも十分に軽い組み合わせとなる。

もはやフルサイズ一眼レフレベルの描写力に感嘆!

sigma05

それでは、具体的にどのような写真が撮れるのかを説明したい。

例えば、作例として上記のような写真が撮れる、
写真は一切の補正を行っていない(Web掲載用に圧縮のみ)。

  • カメラ Canon EOS M
  • レンズ SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
  • 絞り値 f1.8
  • シャッター速度 1/800
  • 焦点距離 35mm
  • ストロボ 非発光
  • 露出補正 なし
  • ISO感度 100

レンズの力で、明るくキレイに撮れるのはもちろん、
f1.8まで絞ることで、美しいボケまで表現できるのが
お分かりいただけるだろうか。

下記はまた別の作例になるが、
例えば次のような被写体(花)を撮った場合(下記はf8.0)に

sigma04

f1.8だと、これくらい背景をボケさせることが出来る。

sigma03

ご覧の通り、このレンズのf1.8が描くボケは
フルサイズデジタル一眼レフに匹敵するクオリティなので、
ボケさせたいがために大きくて重いカメラを買おうと思っているなら
このカメラとレンズのセットに検討しなおしてみてはどうだろうか?

まだまだある、作例写真!

sigma06
      天気が良ければ、この解像感!
  • カメラ Canon EOS M
  • レンズ SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
  • 絞り値 f5.6
  • シャッター速度 1/320
  • 焦点距離 35mm
  • ストロボ 非発光
  • 露出補正 +1
  • ISO感度 100
sigma07
      夜間(高感度)での撮影
  • カメラ Canon EOS M
  • レンズ SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
  • 絞り値 f2.8
  • シャッター速度 1/30
  • 焦点距離 20mm
  • ストロボ 非発光
  • 露出補正 -0.3
  • ISO感度 2500

人は選ぶが、人によっては最強の組み合わせ!

というわけで、今私が最もオススメする
カメラ&レンズの組み合わせ
「Canon EOS M」シリーズと、「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」
についてご紹介させていただいた。

前述の通り、コンパクトカメラに比べれば重いしかさばるのだが、
フルサイズ一眼並の描写が得られる割に
フルサイズと比べれば安いし軽いといった感じだ。

王道的な組み合わせではないので、
人を選ぶかもしれないが、
フィットする方にとっては最強のカメラ&レンズかと思うので
是非参考にしてみていただければと思う。


SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8 DC HSM キヤノン用 APS-C専用 210540

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ボディ(ブラック) EVFキット EOSM3BK-BODYEVFK

Canon レンズマウントアダプター EF-EOSM

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【比較レビュー】iPad miniよりSurface RTをオススメしたい5つの...

Softbank iPhone 5s 速攻評価レビュー~実際の使用感から購入時に...

【裏ワザ】日本未発売のSurface 3を日本から簡単に購入する方法

Canon EOS M3はここまで進化した!速攻購入レビュー

SONY VAIO Pro 13評価レビュー~軽くて薄い、そしてカッコいい

Chromebook Acer C720クチコミレビュー~日本未発売ガジェットを...