大量ANAマイルが貯まるポイントサイト還元率最大化計画!

anamile01

全国に数多くいらっしゃるANAマイラーの方々へ。

今回は陸マイラーにとって、これ以上効率良の良い方法はまずないと思われる最強の手法をご紹介したい。

前回、ANAカードを作って、そのカードに日々の支払いを集結させる手法をご紹介した。

支払い総額次第になってしまうわけだが、還元率の良いカードを手に入れれば、年間数万マイルは貯めることができる。

これはこれで悪くない。

2年間きっちり貯めれば、お得に旅行できることだろう。

参考:ANAマイル還元率最強のおすすめクレジットカードはどれ?

しかし、世の中にはもっと効率良く、ともすればほとんどお金を使わずに10万マイル近くを平然と稼ぐことのできる手法が存在する。

まさに究極のライフハック・マネーハックであるが、何一つ怪しいことのない合法手段であるし、実際に試した人も数多いから安心だ。

ぜひ参考にしていただければと思う。

尚、本記事で紹介している内容は2016年5月の情報を基にしている。

最新の情報と違う可能性もあるので、注意してほしい。

ANAマイルを貯められるポイントサイト

このポイントサイトならANAマイルが貯まる

その手法は、ネット上のポイントサイトに登録することで再現できる。

ポイントサイトは、ネットショッピングや会員登録、飲食店の予約申し込み、クレジットカード発行など、主にインターネットを通して何かしらの行動をする際に、ポイントサイトを経由するとインセンティブポイントが付与されるサービスだ。

ポイントサイト会社は、自社サイト経由でお客さんを紹介したことに対するお礼をもらい、その一部をお客さんに還元するというビジネスモデルである。

このうち、最終的に高いレートでANAマイルに交換可能なサイトの代表的なものとしてはハピタスポイントタウンGポイントなどが挙げられる。

ハピタス

ハピタス数あるポイントサイトの中でも、ポイント還元率が業界最大と言われているのがこちら。

迷ったらここに登録すると良いのではないだろうか。

ただし、ANAマイルに交換するには、一度ポイントをPeXポイントに交換する必要があるし、高いレートで交換するなら、ソラチカカードを持っている条件下でメトロポイント経由が必要となる。

ちょっと面倒なのがウィークポイントか。

ハピタス

ポイントタウン

ポイントタウン特にクレジットカードを新規で作るときに要チェックしたほうが良いサイト。

期間限定などで大量ポイントを獲得できることがある。

当サイトからの登録で特別に500ポイント貰えるので、この機会に登録してみていただくと良いだろう。

こちらは直接ANAマイルに交換する場合は、7000ポイントが100マイルから。

レート良くANAマイルに交換するには、一度ポイントをPeXポイントに交換し、ソラチカカードありきでメトロポイント経由する必要あり。

ポイントタウン

Gポイント

GポイントANA VISAワイドゴールドカードなど三井住友カード発行カードを所持する場合なら、よりマイル還元率を高めるために登録しておきたいポイントサイトだ。

ソラチカカードを併用し、メトロポイント経由でポイント交換ができれば、さらに高いレートでANAマイルを手に入れることができる。

ただ、ポイントタウン・ハピタスと違い、PeXポイントを通さずにメトロポイントに交換できるため、一回分交換の手間が省ける。

いろいろ登録するのは面倒だなと思った場合は、こちらをメインで利用されると良いと思う。

尚、ソラチカカードがない場合は直接交換することもできるが、Gポイント30GがANAマイル10マイルとなる。

ポイントタウン直接交換レートよりは微妙に良いが、やはりあまりレートが良くないので、なるべくメトロポイント経由を使いたいところだ。

Gポイント

大量ANAマイル獲得できるポイントサイトおすすめサービス

大量ANAマイル獲得可能なサービスは?

さて、ポイントサイトに登録したところで、何も行動しなければポイントは貯まらない。

ポイントが大きく貯まる、すなわちANAマイルを大量に入手したいときにおすすめなのは以下の3つのサービス。

これらを複数行うことで、何十万という大量マイルをゲットしている強者は存在している。

クレジットカード発行

クレジットカード発行

世の中に多くの種類が存在するクレジットカード。

これを一枚作るだけで、結構なポイントがもらえる。

特に作るのがANAカードであれば、カードの方にも特典ポイントがついてきて、よりお得な感じで貯められる。

期間によって特別セール的に還元率がアップするタイミングがあるので、日頃からチェックしておき、ベストな時期にカードを作りたいところだ。

ただしカードによっては、それなりの年会費がかかってくるので要注意。

ちなみにカードはたいてい作るだけで大丈夫。

死蔵させても問題ないし、のちのちは解約しても良い。

(作ってすぐだとポイントがもらえないことがあるので、次の年会費が発生する直前くらいまでは手元に置いておくのが無難だ)

ただし、繰り返すとクレジットカードヒストリーは悪くなるので、(この人は買い物には使わずポイント狙いだなと思われ)審査に落ちやすくなり、だんだん新規カードが作りにくくなってしまう。

乱発は避けた方が無難だ。

FX口座開設

FX口座開設

FX口座開設にも大きくポイントを手にできるチャンスがある。

口座開設自体は無料のことがほとんどだし、ネット完結でどこかの店舗に出向く必要もない。

ただし、ポイント付与条件として、取引が必要とあるので、仮にFXに興味はなくても、一回いくらかは入金して少しだけ動かし、すぐ出金くらいの手間をかける必要がある。

取引中に万が一、何か大きな変動があった場合は別だが、すぐに動かせば少しの手数料くらい(数十円レベル)で済むと思う。

保険見直し相談

保険見直し相談

こちらは保険屋さんに一度会って、見直し相談すれば高額ポイントをもらえるというもの。

相談自体は無料なのにもらえるポイントが高いということで、稼ぎやすい案件なのだが、一度保険屋さんに面と向かって会わなければならないから、少し敷居は高いか。

尚、規約上、明らかなポイント狙いの方にはポイント付与しないとのことなので、嘘でもいいから検討して見るふりは必要だ。

「会えば良いんでしょ?」みたいな態度はNG。

せっかくの機会だから、ついでに保険について考えてみるくらいの姿勢で臨んでいただきたい。

上記以外は?

以上の3つが少ない投資で大きく稼げる案件。

各ポイントサイトには、簡易ゲームやアンケート、広告クリックなど、無料でポイントゲットできるものもあるが、総じて少額ポイントしかもらえず、私はあまりおすすめしない。

あとはネットショッピングする際や、外食する際の予約などにサイトを経由することでポイントが貯まるので、忘れずに経由したい。

もちろんPC・スマホ両方とも対応している。

番外編:こんなお店でもANAマイルが貯まる

日常生活でANAマイルを貯める

最後に、ポイントサイト以外でも、日常生活でよく利用するお店でポイントが貯まり、かつANAマイルに交換できるサービスがあるのでご紹介しておこう。

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントまずはズバリ、楽天の楽天スーパーポイントだ。

楽天で買い物をしたりする際に付与される楽天スーパーポイントは2ポイント=1マイルというレートでANAマイルに交換できる。

このため、ネットショッピングを楽天に集約したり、対応する店舗に行くだけ(チェックインするだけ)でポイントがもらえる楽天チェックなどを活用して、ANAマイルを貯めることが可能。

特にネットショッピングでは、Gポイントなどのように経由するだけでポイント還元のあるポイントサイトを使いつつ、ANAカードで決済すれざANAマイルの三重取りが可能。

日用品のほとんどがネットショッピングできる時代だからこそ、積み上げれば結構なマイル獲得になるはずだ。

Tポイント

Tポイント様々なお店で使える統合ポイントサービスの先駆けと言ってもTポイントも、ANAマイルに交換できる。

楽天同様、500Tポイント=250ANAマイルというレート。

Tポイントは、ネットであればYahoo!系が対応しているほか、TSUTAYA、吉野家、ドトール、ファミリーマート、マルエツなど実店舗系チェーンで獲得できる。

Tポイントマークのあるお店を見つけたら、すなわちANAマイルが貯まると考えて利用されると良いだろう。

是非活用していただければと思う。

まとめ:全てのポイントをANAマイルに集約しよう

anamile08

現在、日本はポイント合戦の様相を呈しているのはご存知の通り。

企業側は独自のポイントを発行することによって顧客の囲い込みを図りたいし、消費者側にとってはポイントを貯めることによってお得に買い物できるのは嬉しい。

しかし、我々が利用するお店は1店舗ではない。

お店ごとに得られるポイントが違うと、ポイントが散乱してしまって、なかなか大きく貯まらなくて不便だ。

そこで、ANAマイルのように様々なポイントとの互換性が高く、かつ貯まるとお得なものにポイントを集めるのは理にかなっている。

今回ご紹介したようなポイントサイトを利用して、賢くANAマイルを貯めていきたい。

まとめておくと、ネットを通して買い物や申し込みなどの何かアクションをする際は、
ハピタスポイントタウンGポイントといったポイントサイトを利用。

大きく貯めたい場合は、クレジットカード発行、FX口座開設、保険見直し相談をしてみよう。

そして、買い物する際はなるべくANAカードで支払うようにし、日常では楽天スーパーポイントやTポイントの貯まる店を積極的に利用すると良い。

これらを駆使すれば、年間数十万マイルを飛行機に乗らず貯めることが可能だ。

ANAマイルをいっぱい貯めたいという方はぜひ参考にしてほしい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウェブポなら簡単!家から一歩も出ずにオンラインで印刷された年賀状が作れる(喪中は...

永松茂久「斎藤一人の道は開ける」あらすじと感想

並ばず食べれる!名古屋名物ひつまぶし「しら河」をデパ地下で!

社会人OK!慶應義塾大学の卒業資格を通信教育課程で手に入れ、人生大逆転を目指す方...

グアム旅行でWi-Fiレンタルするならココがオススメ

米国渡航に必要なESTAの申請代行サービスは詐欺みたいなもの