サラリーマンが仮想通貨で億り人になる投資手法とは?

ビットコインとアルトコイン

投資の世界で、(投資によって)資産が億を超えた人を「億り人」と言う。

今年(2017年)、ビットコインやイーサリアム、リップルといった仮想通貨が一気に高騰した影響で、早くから投資していた人たちが軒並み、「億り人」と化したそうだ。

一般に、大卒サラリーマンの生涯給料が2億数千万円と言われているから、原資がいくらかにもよるが、億単位で利益を上げれば、人生はかなり豊かになるのではないだろうか。

私も仮想通貨投資を始めるにあたり、ゴールというか目標値をこの億超えに置いた。

無論、一概の家族持ちサラリーマンであるから、そんなに多くの初期費用は用意できない中でである。

本記事では、私のように仮想通貨投資で今から億超えを目指したい方に参考にしていただけるよう、私の投資戦略をご紹介したい。

もちろん、これは私個人の一意見が多く含まれるものであるから、鵜呑みにされるのではなく、しっかり読者ご自身でも情報精査していただき、各個人のご責任によって投資していただければ幸いだ。

サラリーマンが億り人になるには仮想通貨しかない

最初に申しておくが、私の予想では、今から少ない資本の方が億り人になるにはこの2017年が最後のチャンスだと思う。

というのも私のように、普通のサラリーマンは投資に使える余裕資金は100万円未満というのが普通だと思うからだ。

毎月カツカツの人は10万円用意するだけでも大変だろう。

(わかっていると思うが、投資は余裕資金で行うべきだ、借金をしたり生活資金に手を出すのは身を滅ぼす。)

実際、私が最初に用意できたのは65万円であった。

これだと1億円にするには154倍にしないといけないのだ。

銀行金利が良くて年0.1%といったこのご時世において気が遠くなるような数字である。

それを今、可能にできるのは、株や為替FXではなく、仮想通貨しかないし、前述の通り今年がラストチャンスだと思う。

来年以降の参入では、上がりに限度があるので、なかなか数十倍は目指せないと思うからだ。

(数倍だったら行けると思うので、数千万円を初期に用意できれば億り人になれるが、そんなリッチマンはごく少数だろう)

ビットコインを持ってるだけで5倍になる

さて、2017年10月13日、1ビットコインあたり65万円の値をつけたが、この数字は今後も上がっていくと考えている(保証はないが)。

果たしてどこまで上がるか、私が一つ頼りにしている指標が、ウェブボットの予測。

ウェブボットは、元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏が制作したコンピューター未来予測プログラム。

インターネット上における掲示板など、不特定多数が集まるディスカッションサイトに「スパイダー」と呼ばれる言語収集用のソフトウェアを忍び込ませ、人々が書きこむ「言葉」を収集し、言語解析を行うことで、投資相場の予測を行なっている。

今回はウェブボットに関する内容が主の記事ではないため、深くは割愛する。

ただ、未来なんて誰にもわからない中、このコンピューターはビットコインの価格推移や下落原因など、これまでの予測的中率は極めて高くて、私個人的には指標として頼りにしているものである。

さて、そのウェブボット最新予測によると、ビットコインの価格は今後も順調に上がり、2018年2月には1btc=150万円で2018年9月には1btc=220万円にもなるというのだ。

仮にこの勢いで上がっていくとすると、2019年・2020年とさらに上がって、低く見積もっても1btc=300万円は行くのではないかと考えている。

(世の中には1btc=1000万円いくと強気発言するアナリストもいる)

そうすると、現在の約5倍は普通に考えられる。

これだけでも、最高に利率の良い投資であるから、当分使う予定のない貯金があるなら、早々にビットコインに替えておいた方が良い。

爆上げアルトコインを見つけられるかが億り人になる鍵

しかし目指すのは154倍、あと31倍弱上げる必要がある。

これを達成するための手法がビットコインとアルトコインの両替だ。

アルトコインは数多くの種類がある仮想通貨の中で、ビットコイン以外のコインの総称。

世の中に仮想通貨は数あれど、fiat(法定通貨)と直接両替ができる通貨はビットコインくらいなもので、アルトコインのほとんどがビットコイン建で値段が決まっていることに由来する。

そこで、ビットコインとアルトコインの両替を繰り返すことによって、ビットコインの量を増やすことで、資産の爆発的増加を目指す。

しかも目指すのは、イーサリアムやリップルといった時価総額の大きなアルトコインではなく、まだまだマイナーなコインとの両替である。

その昔2013年3月19日、世界初のビットコインATMがサービス開始した当時、1btc=¥5,718だった。

これが今では65万円(=113倍以上)だ。

ビットコインは強すぎるので、他の仮想通貨で(特にこれから成長するもので)ここまで上がるものがあるかは不明だが、有名アルトコインのネムも80倍になった経験もあるし、うまくいけばこのように数年で爆上げするコインはあると考えて良い。

その有望コインを見極めて発掘し、投資するのである。

つまり、世の中的にはあまり目を付けられていない(スキャムじゃないかと懐疑的に見られている)が、実は有望な(数十倍にはなりそうな)コインを安いうちに仕込んでおき、時間をかけて爆上げしていく瞬間を待つのだ。

例えば、Aというアルトコインが両替当初、一枚0.0001btcだとして、数ヶ月後に10倍の0.001btcという値になれば、また両替することで、元のビットコインの量は10倍になる。

これを繰り返して、元のビットコインが31倍になることを目指せば良いのである。

これこそが、普通のサラリーマンが今から仮想通貨投資で億り人になる唯一の手法ではないかと思う。

リスクの大きいアルトコイン投資はここを気をつけろ

ただこのビットコインとアルトコインのトレードというのは結構リスクが高く、難しい。

というのも、まだ安いコインというのは、その価値が怪しいものも結構な割合で含まれていて、ある日を境に一気に価値が暴落することがあるのだ。

実例の一つを明かすと、中国発のyowyowコインというのがあって、今度香港の新進気鋭取引所であるBinance(バイナンス)に上場する(=価値が上がる)という話があった際に、20万円分買ったのだが、上場しても思ったほど値段が上がらず、どーしよーかなと思っていた矢先、Binanceが「やっぱ怪しいので上場取り消します(私の意訳)」と言い出して、価値が暴落したということがあった。

(その後、紆余曲折あってyowyowは再上場している)

まだ人気がない=価値が保証されてない以上、こういう失敗リスクが常にある。

上記のように、私も最近まで、結構なやらかしをして、なかなか資産を増やせなかった。

それが10月に入り、ようやく含み益が出るようになって、このブログでも皆さんに情報共有できるようになったくらいだ。

(実は私、今年の5月から投資スタートしているのだが、最初は負けまくって、とても皆さんにオススメできなかったのだ。)

アルトコインは数が多い分、いわゆる詐欺コイン(スキャムコイン)の割合も往々にあるので注意しなければならない。

初心者の方はリスクの少ないアルトコインから攻めてみるのが良いだろう。

代表的なものはコインチェック銘柄とも呼ばれる、純日本の仮想通貨取引所「コインチェック」で取り扱われているコインたちだ。

時価総額ランキング2位3位のイーサリアム・リップルのほか、ネム、ライトコイン、ファクトムなど今後の安定成長がまず間違いなさそうなコインばかり。

買い時を間違って高値掴みしないようにさえすれば、ビットコインを増やすのに貢献してくれる。

しかし、リスクの少ない安定銘柄だからこそ、すでに価格が上がってしまっていて、これから数十倍の爆上げを期待するのはもう難しい。

億り人を目指すなら、ここがジレンマだ。

もうちょっとマイナーな、だが将来性を感じられるものに投資していくことが望ましいわけだが、その目利きセンスが問われることになるからである。

その、選び方のコツについては、次回以降お伝えしたいと思う。

まずは下記から取引所口座を開設して、実際にビットコイン購入まで済ませて、次の投稿をお待ちいただければ幸いだ。

仮想通貨投資始めるならオススメは日本で一番信頼度の高い取引所、ビットフライヤーがオススメだ。

↓ ↓ ↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今からでも遅くない?仮想通貨投資って儲かるの?