沖縄県竹富島で大人気!新田観光「水牛車」ツアーの感想

nitta02

沖縄の離島で観光名物として人気が高い
アクティビティーの一つに水牛車観光がある。

有名なのは、浅瀬を渡って由布島へ向かう西表島の水牛車と、
竹富島の狭くてまっすぐでない路地を潜り抜ける水牛車。

人間が何人も乗った台車を牛が引いて歩くという
いささかアナログなアトラクションで、
ジェットコースターのようなスリルを味わうようなものではないが、
物珍しさが観光客に受けているようである。

十分に訓練された牛の賢さに感心したり、
重たい台車をいとも簡単に引く逞しさに惚れ惚れするなど
乗車後はそれなりの満足感を得られる観光ツアーだと思う。

そんな水牛車観光について、先日、私は竹富島で
新田観光の水牛車に乗ってきたので、
その魅力や見どころを紹介したいと思う。

人気の理由は沖縄離島の雰囲気を肌で感じられること

nitta01

竹富島は南国ならではの、
とてもゆったりとした空気感に包まれており、
同じ沖縄県でも那覇のある本島とは雰囲気がまるで違う。

日々の喧騒から逃れ、自然を相手にリラックスしたいとを考える
観光客に人気の島である。

半日あれば1週できてしまうくらいの小さな島であるが、
平均して1日に1000人の観光客が訪れるとのことで
石垣島からフェリーの出ている八重山諸島の中でも人気は高い。

そんな竹富島観光客にとって抜群の人気を誇る観光名物が
今回紹介する水牛車観光。

水牛車自体は他でも乗れるが、
竹富島の水牛車は民家の間の狭い路地を運行する面白さが
他の水牛車とは一線を画している。

ちなみに、この竹富島の水牛車ツアーは
竹富観光センターと新田観光という2社が提供しているが、
私が利用したのは、より老舗で安定感のある
新田観光の方なので、今回はそちらの紹介となる。

調教された牛の賢さに感動

それでは実際のツアーがどんな感じで進むのかについて紹介しよう。

乗り場に着くと、スタッフさんによって
乗車する水牛車を決定させられ、案内される。

牛車の先頭にはガイドさんが座っていて、
細長い木の枝のような杖で牛のお尻を叩くことで
進行をコントロールしていく。

引っ張ってくれる牛は非常によく調教されており、
道順を完璧に覚えている。

さらに、どこで止まり、どういう合図で進むとか、
あるいは曲がり角でどれくらいの角度をつけて曲がるかなど
すべて頭の中に入っているようだ。

竹富島の道はどこもまっすぐでなく、
緩やかに曲がっているのだが、慣れた様子で進んでいく。

人間なら当たり前のように出来ることではあるが、
それを牛が完璧にこなすというのは想像を超えていて
なかなか感動するシーンかと思う。

水牛車ツアーの見所

nitta03

そんなすばらしい動きを見せてくれる牛だが、
途中で(牛自身の)トイレタイムがあるなど
(私が乗ったときは大小それぞれのトイレタイムがあった)、
それなりのご愛嬌がある。

しかし、観光客にはそれすらも一つのイベントとして
面白く感じることができるのではないかと思う。

また、道中ではガイドさんが島の歴史について解説してくれたり、
ユンタと言われる労働歌を三線で披露してくれる。

そしてツアーの最後では、
観光客もどこかで聞いたことのある馴染みの1曲(ユンタ)を
ガイドさんの歌声に合わせて乗客みんなで歌い終了。

思わず最後は牛に「お疲れ様」と言ってしまった。

nitta04

おりて少し時間があるので、
牛の前で記念撮影などして(ガイドさんが撮ってくれる)
思い出に残すのが良いだろう。

また、前述の通り、竹富島の水牛車は
民家の間を通るので、街中でカメラ片手に待ち構えれば
水牛車一行が通る様子を撮影できるので
合わせて楽しんでいただくと良いのではないだろうか。

都会にはない、なかなか味のある観光スポット、
竹富島観光される際は是非参加されることをおすすめしたい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宇都宮餃子ナンバー1は「みんみん」じゃなくて「めんめん」

ANAマイル還元率最強のおすすめクレジットカードはどれ?

星野リゾートのおすすめホテル「リゾナーレ小浜島」口コミ情報

大量ANAマイルが貯まるポイントサイト還元率最大化計画!

小川珈琲店の有機珈琲カフェットで職場で美味しいお手軽ドリップを飲もう!

村上春樹の新作あらすじと感想(色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年)