【比較レビュー】iPad miniよりSurface RTをオススメしたい5つの理由

iPad miniとSurface RT

私はiPad miniを持っていたのだが、この度Surface RTに乗り換えた。

詳しくない人からすると、その違いはほとんど分からないと思うのだが、
デジタルガジェット好きの(ある意味オタク気質な)私からすると、大いに違う。

当然、乗り換えただけの理由があるのだ。

そこで今回はタブレット購入を迷っている方に向けて、
iPadよりSurfaceがオススメの理由を5つお伝えするので
是非参考にしていただければと思う。

初めにお伝えしておくと、SurfaceはWindowsのタブレットだ。
専用アプリの数でいえばiPadやAndroidの方が圧倒的に多い。

ゲームをしたいとか、使い勝手の良いソフトを探している場合は
iPadやAndroidタブレットを探した方が良いだろう。

私がSurfaceを選んだ理由の多くはハード側や内蔵ソフトの魅力だ。

以下はその前提で読んでいただければと思う。

1.USB接続でスマートフォンを充電できる

Surface RTでiPhoneを充電

SurfaceにはiPadにはない「USBポート」がついているのだが、
このポートはかなり利便性を高めてくれる代物だ。

USBメモリで自宅や職場のPCとデータをやり取りするという
一般的な使い方はもちろんであるが、ポートの電源供給機能を使って
写真のようにiPhoneやスマートフォンの充電に使うことも可能だ。

皆様もご存じのとおり、iPhoneなどのスマートフォンは電池が持たない。

かといって、充電用バッテリーを持ち歩くというのもなかなか面倒だから、
ついでにSurfaceで充電できるというのは非常に役立つ。

特に、タブレットのWi-Fi接続にスマホのデザリング機能を使うという方は
その恩恵を強く感じていただけるのではないかと思う。

デザリング機能は便利だが、かなり電池消費が激しいので、
USB接続で充電しながら使えるSurfaceは使い勝手が良いわけである。

また、この充電機能はSurfaceがスリープ中でも機能するため、
移動中に鞄の中で充電しておくという使い方も出来、
スマホ用の大きな予備バッテリーとして常に持ち歩きたくなる。

2.画像を分割して2つのアプリを同時実行できる

Internet ExplorerとLINEを同時に立ち上げ

Surface RTでは、画面を分割して2つのアプリを同時に実行できる。

例えば、私の場合でいうと上記写真のように
LINEアプリで友達とチャットしながら、もう一方でブログを書く
・・・といった使い方をよくしている。

他にもネットで調べ物をしながらWordドキュメントを作ったり、
YouTubeを見ながら~、Skypeをしながら~など
好きなように2つのアプリを組み合わせられるので多彩な使い方が出来る。

使いこなせるようになると、なかなか便利な機能なのである。

3.マウスとキーボードが使える

Surface×TypeCover×マウス

Surfaceは広告などでもおなじみの専用キーボード付きカバーと連結して
使う形がピッタリだと思う。

ソフトキーボードも準備されているので、キーボードなしでも使用は可能だが、
文字の打ちやすさが明らかに違うし、カバーにもなるので
是非専用キーボードカバーをセットで購入することをオススメしたい。

ただ、iPadでも、サードパーティー製にはなるが
キーボードケースっぽいものもいくつか販売されている。

つまり、キーボードの有無だけではiPad miniとの差はあまり感じない。

しかし、マウスまで使うとなるとSurfaceの方が優れている。

Surface(というかWindowsタブレット)はマウスをサポートしているので
市販のマウスを接続できるのだ(iPadは現時点でマウスをサポートしていない)。

いくらタブレットといえど、本格的な作業をしたい場合は
マウスとキーボードを使ってノートパソコンライクに使えた方が作業効率は良い。

私はBluetooth接続でマウスを使用しているが、
USBポートがあるのでUSBマウスも問題なく使えるので便利だ。

4.microSDカードで保存容量を拡張できる

microSDXCカードスロット

SurfaceにはmicroSDXCカードスロットが標準付属している。

これを使えば、デジタルカメラの撮影データを取り込んだり、
Surface本体の保存容量が足りない時に、ファイルデータを逃がす目的に
使用できたりする。

(ただしデジカメで使う場合は、一般的にSDカードサイズが使われているので、
microSDにアダプタを付けて使用する必要がある。)

microSDXCは価格コム最安値で64GBが5,000円以内~あるので
割と気軽に利用できるのではないかと思う。

尚、iPadにもオプションでSDカードリーダーを付けられるが、
本体付属ではないうえに読み取り専用のため、使い勝手は悪い。

5.PowerPointなどMicrosoft Officeが使える

Power Point

日本版SurfaceにはRTにしろProにしろ、Microsoft Officeが付いてきて
これが一つの売りになっていたりする。

私は仕事柄、PowerPointを使ってプレゼンテーションをする機会が多いのだが、
iPadの場合、純正のMicrosoft Officeがないため、いつもKeynoteを介して
プレゼンしていた。

しかし、KeynoteはPowerPointとの互換性がすこぶる悪い。
職場のPCでPowerPointを使って作成した資料が、見事に崩れるのだ。

これをiPadでちまちま修正するのは結構面倒な作業である。

その点、SurfaceのOfficeは純正だから、PowerPointの資料が崩れることはなく
プレゼンテーションはぐっと楽だ。

他にWordやExcel、OneNoteも搭載されているから、そちらのファイルを
よく使うという人にも満足できることだろう。

まとめ

以上が私の「iPad miniよりSurface RTをオススメしたい5つの理由」だ。

上記理由に納得できたという人は、Surfaceに満足するに違いないので
是非購入を検討してみていただければと思う。

 この記事へのコメント

  1. ウコ より:

    タブレットが欲しくて、Surface RTを買うか、他の物にするか、迷っているところなので、とても参考になりました。
    Surface RTで、ネックになるのは、アプリの少なさです。YouTubeが、見られないらしいので。
    いずれは、見られるようになると思われますか?もし、よろしければ、ご意見をお聞かせいただければと思います。

    • KUNIRA より:

      ウコ様
      おっしゃるとおり、YouTubeの公式アプリはないので、一般の方が作成した勝手アプリかInternetExplorer経由で閲覧ということになると思います。公式アプリについては出て欲しいところですが、私はあまり期待しない方が良いと思います。

  2. 木幡友美 より:

    素敵な内容で、大好きです

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パナソニックのエチケットカッターER-GN20使用レポート

2015年も大本命手帳は「ジブン手帳2015」今年はminiも登場でますます魅力...

iOSアプリ

iOS地図アプリ「Google マップ」解禁でもう迷って遅刻したりなんかしないぞ...

「Surface 3」vs「iPad Air 2 」人気2大タブレット徹底比較レ...

iPad miniで目が疲れる時の対処方法

Canon EOS M×SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMなら安...