おすすめ宮古島でレンタカー日帰り一周観光ドライブコース、ランチ&お土産情報付

miyako05

先日、那覇本島から宮古島に日帰りで行ってきた。

那覇から飛行機に乗る必要があるが、
島の大きさはそれほどでもないので、
レンタカーを借りれば1日で簡単に一周できてしまうのが魅力だ。

自然豊かで、のんびりした雰囲気を味わえる宮古島は
那覇本島とはまた違った魅力がたくさん詰まっている。

沖縄旅行のスケジュールにぜひ加えていただきたいコースである。

そこで今回は、約半日で宮古島の主要ビューポイントを巡る
自然満喫大満足ドライブコースをご紹介したい。

半日で宮古島を一周する大満足ドライブコースをご紹介

宮古島地図

今回のルートは、「宮古空港」を出発してから
「与那覇前浜ビーチ」、「来間島」を経て、ランチに「おふくろ亭」を挟み、
「東平安名崎」から、東海岸沿いをドライブ後に「池間大橋」を渡り、
お土産には「モンテドール」のバナナケーキを買って帰る。

ことりっぷにインスパイアされたルートに、独自編集を加え
島内を一周してしまう最強の観光ルートであると自負したい。

尚、宮古島でレンタカーを借りるならコチラが安かった、
Webで事前申し込みしておくとさらに安く利用が可能。

是非参考にしてみていただければと思う。

与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチ

宮古空港からほど近くに、これぞまさに沖縄のビーチと言いたくなるような
白浜が広がっている。

地元民や観光客がマリン・スポーツを楽しむ場所でもある本格的なビーチ。

今回ご紹介しているコースを満喫する場合は、泳ぐ時間はないと思われるが、
一面に広がった浜辺と、綺麗な海は見ているだけでも癒されるので
是非立ち寄って見ていただければと思う。

来間島

来間島

与那覇前浜ビーチのすぐ近くにある島。

島に渡る橋(来間大橋)は、沖縄県で2番目に長い橋だとかで、
景色もよいし、車で駆け抜けるのはとても気持ちが良い。

島自体は、宮古島本島よりさらに「のどか」な感じだ。

島の中央、学校近くにある展望台に登れば
ご覧のような絶景を眺めることができる。

来間大橋

是非立ち寄ってみてはいかがだろうか。

おふくろ亭

おふくろ亭

来間島を堪能したら、続いては島の最東端、東平安名崎を目指す。

少し道が長いのと、午前に飛行機で宮古島入りした場合、
そろそろ昼食に良い時刻であるかと思うので、
道すがらにある、こちらの食堂で昼食がオススメだ。

食事の写真はお店の方に断られてしまったので
掲載できないのだが、どれも非常に満足感ある料理ばかり。

寿司や宮古島和牛を使った料理などが食べられる。

地元の方にも愛される人気店だ。

東平安名崎

灯台

続いては宮古島最東端にある、東平安名崎。

駐車場から少し歩くので、
観光時間には余裕を持っておくと良いだろう。

ここは、奥にそびえ立つ灯台が目印で
灯台は有料だが、登ることが出来、
上から見下ろした島の景観が絶景である。

東平安名崎

バスツアーの方なども多く訪れており、
宮古島内でも人気の観光スポットであるようだ。

宮古島にきたならば、抑えておいたほうが良いだろう。

池間大橋(池間島)

池間大橋

東平安名崎から、一気に北へ
目指すは池間島だ。

少し所要時間がかかるが、
途中の海沿いの景色はとても見晴らしが良く、
楽しくドライブできるのではないだろうか。

基本的に宮古島は走っている車がとても少なく
また道も穏やかであるため、とても運転しやすい。

前方に見えてきた池間大橋を渡れば、そこは池間島だ。

池間島

写真は池間島入口付近の物産コーナー。

島内もリゾートアイランドといった風情で
ぐるぐる回ってみるだけでも十分に楽しい。

ただし、ここから宮古空港まではそこそこ時間がかかるので
戻り時間に気をつけながら
観光していただければと思う。

尚、もし時間に余裕があればだが、池間大橋の近くには
夕日が綺麗に見える西平安名岬や、
有名な特産物、雪塩ミュージアム(雪塩製塩所)があるので、
合わせて観光してみるのも楽しい。

モンテドール

モンテドールのバナナケーキ

宮古島一周オススメコースの最後を締めくくるのは、
旅行には欠かせないお土産の販売所。

宮古島の名物はいろいろあるものの、
今回ご紹介するのは、中でもお土産として人気の高い
バナナケーキを販売しているモンテドールだ。

写真のようなミニサイズで個別包装されているから
例えば会社の同僚などにも配りやすい。

また、消費物ということで老若男女問わず外しにくいお土産だ。

是非チェックしてみていただければと思う。

宮古島一周ドライブ、総括

宮古空港から飛行機で帰る

というわけで、以上が宮古島一周ドライブコースである。

那覇本島とはまた違った自然豊かな風情を楽しむことが出来るので
少し長めの沖縄旅行を検討されている方は
是非とも中一日を宮古島観光に充ててみると良いのではないだろうか。

日常の生活を忘れ、心の底からリフレッシュするには
もってこいの島ではないかと思う

もちろん、今回ご紹介した以外にもたくさんの見どころがある。

一度では見切れない部分もあるだろうから
2回目以降訪れる場合やもうちょっと長期滞在する場合は
ガイドブックなど参考に、楽しんでいただければと思う。


ことりっぷ 石垣・竹富・西表・宮古島 (国内 | 観光 旅行 ガイドブック)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国渡航に必要なESTAの申請代行サービスは詐欺みたいなもの

小川珈琲店の有機珈琲カフェットで職場で美味しいお手軽ドリップを飲もう!

花粉症歴20年のベテランが語る!最も効果的だった花粉症対策方法

健康効果抜群「たんぽぽコーヒー」の美味しい作り方をご紹介!これで味も大満足!

サンフランシスコで海外Wi-Fiレンタルサービスが便利だった件

【感想・口コミ】石垣島一周観光バスツアーなら東運輸の定期観光がおすすめ