WEB制作会社がLancersを使って外注費を抑える方法

クラウドソーシングLancers(ランサーズ)

安倍さんが総理大臣になって、景気が良くなるのではないか?
そんな期待感が広がっている日本ではあるが、
WEB制作業界は厳しい経営になっている会社が少なくない。

市場に対してWEB制作会社の数が飽和してしまっていて、
単純なデザインやコーディングはかなり値崩れしてしまっているからだ。

となれば、いかに制作費を抑えるかプロデューサーは問われる。

しかし社員の給料を下げたり、リストラは極力避けたいところ、
まずは外注費を削減できないか考えるのが筋だろう。

そんな外注費削減で悩んでいる会社にオススメしたい手法が
クラウドソーシングサービス「Lancers」の活用である。

Lancersは個人の力を使えるサービス


クラウドソーシング「ランサーズ」

Lancers」はサイト上で仕事の依頼者と受託者を仲介するサービス。

例えば、依頼者が新しくWebサイトを立ち上げる時のデザインをしてくれる人を募集し、
受託希望者の中から良いものを提案した人が選ばれ、お金が支払われる。

簡単に言うと「マッチングサイト」なのであるが、
よくある法人間を結ぶサービスではなく、個人対個人もしくは法人対個人の取引を結び、
かつ安全に遂行できるようになっている点が人気の秘密である。

依頼者にとっては、個人に発注するので金額を抑え目にすることが出来るメリット。

また受託者にとってはネームバリューがなくても仕事を探すことが出来、
かつ匿名で受けられるのでサラリーマンの副業としても活用が出来る。

Lancersで失敗しない賢い使い方

しかし、多くのWeb制作会社は「Lancers」を知りながら活用していない。

なぜかというと相手は匿名だし個人だし
「ちゃんとやってくれるのか?」という不安が頭をよぎるからだ。

この点については、WEB制作会社でチーフプロデューサーである私も
一番最初に気になった。

大切なクライアントの仕事にミスがあっては困る。

しかし、その懸念はLancersの賢い使い方を研究していくうちに
消え去ってしまった。

まず秀逸なのが「コンペ形式」だ。

機密性が低く、かつトップページのデザインや翻訳、イラストなど
一つの作業で完結する仕事であれば、この方式にすれば間違いない。

複数の提案者から完成形の状態で提案を受けることができ、
しかしお金は採用者にだけ支払うのみでよい。

プロジェクト方式は自分から声をかけよう

ウェブサイト全体を依頼する場合やニッチな仕事を頼みたいときは
プロジェクト方式を使うことになるが、
こちらの方式は少し頭を使って募集したほうが良い。

一般に募集するのとは別に、自分で良さそうな人を見つけて
直接オファーを行うのである。

Lancers」には「人をさがす」機能があって、
その中で自分がお願いしたい分野において実績数が多く評価の高い人を選べば
自動的に良い人に巡り合えるのである。

ここで見つけた数名に直接オファーをかけ
それぞれに提案や見積もりを聞いてみれば適任者が見つかる。

私はこの方法で発注して、
特に失敗したという経験はない。

ぜひ参考にしていただければと思う。


クラウドソーシング「ランサーズ」

最後になるが、「Lancers」を賢く使って外注費を抑えるのは
このご時世、非常に有用な方法だと思う。

慣れがあると思うので、かずは簡単な仕事から試してみてはいかがだろうか。

WEB制作会社の皆様が潤うことを祈って。

 この記事へのコメント

  1. […] 以前にも紹介したが、Lancersは個人間の商取引をお手伝いしてくれるサービスで 発注側からするとお目当ての技術を持った個人を簡単に見つけることが出来る。 […]

  2. […] 以前にも紹介したが、Lancersは個人間の商取引をお手伝いしてくれるサービスで 発注側からするとお目当ての技術を持った個人を簡単に見つけることが出来る。 […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

既存PC向けWebサイトをスマホ対応させるための4つの手法

Web制作会社必見!安くて質の高い翻訳会社オススメリスト

無料で簡単!ムームードメイン内で別ユーザーにドメイン譲渡する方法

【ブクマ必至】プロが教えるWEB用写真素材オススメサイト(無料もあります!)

Googleドライブで安全に動画をWeb公開、YouTubeに頼らない無料掲載方...

SEOに強い日本語レスポンシブWordPressテーマなら「el plano」が...