Chromebook Acer C720クチコミレビュー~日本未発売ガジェットを使い倒した評価・感想

Chromebook Acer C720

間もなく日本上陸が噂されるGoogle製OSのPC
「Chromebook(クロームブック)」を
知っているだろうか。

Windows PCやMacに比べると値段が安く
起動が速いらしいなどという噂はあるが、
一体全体何が違うのだろうか、
そして、どんなことが出来て、どんなことが出来ないのか。

ガジェット大好きな私はこの新しいプロダクツが
気になって仕方がなかったので、
わざわざChromebookを個人輸入し、実際に体験してみた。

日本では東芝製のChromebookが販売予定とのことだが、
今回は海外で特に評価の高いAcer製「C720」を選んだので
その様子をレビューしたいと思う。

ChromebookとはどんなノートPCなのか?

Chromebook(クロームブック)とは?

まず、そもそもChromebookとは何なのか?

誤解を恐れずに、あえて分かりやすく表現すると
ChromebookはWebブラウザしかないノートPCだと思ってもらうと良いだろう。

余計な機能がないから操作は簡単だし、動きも俊敏で軽快だ。

しかしこう聞くと、ネットしか見れないなんて…と思う方の方が
一般的には多いのかもしれない。

だが、よく考えてほしい。

WEBメールに始まり、OFFICE系ソフトや画像編集など
今や多くのサービスがWEB上だけで完結できるようになっており、
パソコンに求める大抵のことは十分にこなせてしまうのである。

正直、ほとんどの人はそれで事足りるのではないだろうか?

実際、アメリカでは急速にシェアが拡大しており
Windows、Macに次ぐ第3のPCとしてその名を轟かせている。

Acer C720 Chromebookのスペック

C720の元箱

さて、今回購入したAcer C720 Chromebookだが、
主なスペックは以下。

  • 画面サイズ11.6インチ(解像度:1366x768/アス比16:9)
  • Intel Celeron 2955U 1.4GHzプロセッサ、RAM2GB
  • 内部ストレージ32GBモデル
  • バッテリーは最長8.5時間駆動
  • USB3.0x1基/USB2.0x1基/HDMIx1基/
  • ステレオスピーカー/イヤホンジャック(マイク)、
  • HDウェブカメラ
  • 通信はWi-Fi b/g/n、Bluetooth

決して高いスペックを持っているわけではなく、
ちょっとしたネットブックとでも言うべき内容。

そのおかげか値段はかなり抑えられている。

しかし後ほど説明するのだが、
このスペックでも十分なくらいによく動く。

尚、こちらの機種の上位機種として
タッチパネル機能を搭載した「C720P」という製品もあるが、
今回はあくまで、より価格の安い「C720」だ。

輸入品ではあるがChrome OS自体がすでに日本語対応しているので
問題なく日本語表示および入力が可能。

(ただし、キーボードはUS式なので英字しか記載されていない)

レビュー動画で検証!公称通り8秒で高速起動するのか?

Acer C720の実際の使用光景

ここからは私が実際に試した検証結果を紹介していきたい。

まず、一番最初は起動時間の速さだ。

実はChromebookは高速起動を売りにしているOSマシンで、
公称では8秒で起動するというのだ。

しかし、このAcer C720は前述の通り、決してスペックは高くない。

Windowsが入っているなら間違いなく数分かかるんじゃないかとさえ思える
スペックのマシンでさえ、8秒起動が可能なのであろうか?

それが嘘でないかをビデオに撮って検証したので
是非皆さんもその目でそのスピードを確かめていただければと思う。

いかがだっただろうか。

パスワード入力時間を除き、最初のGoogleサイトが出現しきるまで
確かに8秒を切っている。

言わずもがな、これはスリープ機能からの復帰とかではない。

完全に電源が落ちている状態から、その8秒後に
インターネットサーフィンが出来ているのある。

噂は伊達ではなかったことが判明した結果となった。

どんなことが出来る?Chromebook Acer C720使用レポート

続いて、実戦を想定して
どんなことがどのように出来るかといったところを検証してみた。

YouTube動画の再生

YouTube動画を再生してみた

まずはYouTube動画の再生。

ネットワーク環境は家庭用のADSL回線で、特に早いものではないが
再生に支障は感じない。

問題なく見れると思ってもらって良いだろう。

強いて気になるのはハード面の問題か。

これは値段なりで仕方がないとは思うのだが、
Acer C720は最近のPC市場からすると
画面解像度が低く、液晶ディスプレイもやや質が低いものを採用している。

その影響で、最近の高機能PCやスマホなどで綺麗な液晶に見慣れている人は
もうちょっと綺麗に見たいなーと思ってしまうかもしれない。

(ただ、決して液晶が酷過ぎるとは思わない。
あくまで最近の綺麗なものと比べて…という感じだ。)

ChromebookでOffice文書の編集

Googleドキュメントで文書編集を体験

次に、ビジネス書類を作る場合。

残念なことにChromebookは、日本のビジネスシーンで圧倒的に使用されている
Microsoft Officeのソフトは入っていないし、新たに入れることも出来ない。

しかし、昨今、インターネットブラウザ上でMicrosoft Officeの各種ソフトと
同じことが出来るサービスがいくつかあるので、そちらを使って凌ぐ形になる。

簡単に言うと、ややひと手間加わるが、出来ないわけでない、といった感じ。

基本的に使用が推奨されているのはGoogleのWebサービスである
Googleドキュメントだ。

Wordのような文書作成やExcelのような表作成・計算式、
PowerPointのようなプレゼンテーション作成といった
一通りのソフトはある。

ただ、これらのソフトはOfficeとの100%互換があるわけではないので、
編集した場合にレイアウトが崩れてしまうなどの可能性があるし、
インターフェイスも異なるので慣れない感じになる点は注意。

きっちりと編集するなら「Office Online」という
Microsoft純正のオンラインOfficeサービスを使う方が良いだろう。

私は試しにGoogleドキュメントを使ってみたのだが、
編集自体は問題なくできたものの
Acer C720のハード的な問題として、キーボードのENTERボタンの位置に
とまどってしまった。

決して打ちにくい感じではないが、キーボードは慣れが必要だと思う。

SDカードから写真を取り込んで編集してアップが可能

SDカードの中身を表示しているところ

基本的にはインターネットしかできない感じのChromebookだが
ファイル管理機能があるのと、ローカルに多少のストレージがあるため
ファイルを保存することが可能だ。

そのため、SDカードでデジカメの撮影データを取り込んで
再生して見せたり、オンラインアップロードといったことが出来る。

旅先でたくさん写真を撮った時、SDカードがいっぱいになる前に
一時的にデータを避難させておくことや
オンラインサービスで画像編集することも容易だ。

これらの機能があれば、例えばブロガーが
ブログを書くのに必要なことは一通りこれで済ませられる。

マウスが使える!SDカードが読める!

USBポートとSDカードスロットを搭載

ChromebookはiPadやAndroidのようなタブレット向けOSではないので、
マウスが使えたり、SDカードが読める。

試しに、私がWindows PCで愛用している無線マウスを接続してみたが
設定要らずですぐに使えた。
(USBポートに無線受信機器を取り付ける必要があるタイプだが、
Acer C720はUSBポートが充実しているので、問題なく使用できるのだ)

またSDカードが読み込めるのも嬉しい。

あくまで、miniSDカードやmicroSDカードのような小型カードではなく
通常サイズのSDカードがそのまま使えるのが個人的には気に入った。

ただし、使用時は写真のように外に出っ張った感じになるので
持ち歩き時は外しておかないと、折れたりしないか不安な構造だ。

HDMIケーブルで画面出力

外部モニタに出力

また、HDMI出力端子が付いているので、外部出力も可能だ。

写真は解像度1920x1080のフルHDに出力した様子。
本体の解像度より大きいが、ちゃんと対応しているようで
綺麗に表示されている。

プレゼンテーションなどで、プロジェクターに投影する場合など
役に立つのではないだろうか。

決め手はコストパフォーマンス!結局、Chromebook Acer C720は買いか否か

Acer C720の取扱説明書

というわけで、ここまでChromebook Acer C720を見てきたわけだが、
その最大の魅力は、一般的なWindows、MacのノートPCに比べ安い価格で、
すぐ簡単に動くパソコンが手に入るということに尽きる。

特に「簡単さ」で言うと、上の写真はAcer C720の取扱説明書だが、
この見開きだけで説明が完了してしまうほど簡単なのだ。

ただ、価格なりの部分はあって
WindowsやMacほどの自由度はないし、
いくらインターネットで何でも出来るようになってきているといっても
SkypeやiTunesといったソフトが使えないという欠点もある。

なので、お金に余裕があるなら、
高性能なWindowsノートPCかMacbookを買った方がよい。

しかし、ノートPCでやりたいことがそんなに広くなく、
かつお金をあまりかけたくないという場合においては
十分に購入検討に値するものになるのではないかと思う。

(欧米のバカ売れ状態から考えるに、
今後日本でも急成長するガジェットになることは十分に予測される)

コストパフォーマンス的に
買って損したと思うプロダクトではないので、
興味のある方は是非実際に入手してみることをオススメしたい。

尚、Acer C720は日本未発売ではあるが、
Amazon.comを通して簡単に個人輸入が可能だ。

興味を持たれた方はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【レビュー】TOSHIBAのFlashAirで写真を共有/デジカメをバージョンア...

iPad mini 入荷情報ならTwitter検索が便利!

iOSアプリ

iOS地図アプリ「Google マップ」解禁でもう迷って遅刻したりなんかしないぞ...

パナソニックのエチケットカッターER-GN20使用レポート

欲しいのはRTじゃない!日本未発売のSurface Proを日本で簡単に購入する...

江上治の年収1億円手帳2014(RICH DIARY)は規格外のぶっ飛び仕様!購...